少数派になるためには - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

予想GUYを狙う!

前回までのあらすじ。

FXの勝敗は多数決で決まるのではない!!

【証明】
もしFXの勝敗が多数決で決まると仮定する。
すると勝つ人は負ける人よりも多くなるはずである。
しかし実際は投資で勝ってる人は全体の10%である。

よって矛盾!!←これが言いたかっただけ。

背理法によって仮定は間違っている事が示せた。
              Q.E.D


つまりですね、
価格がどちらに動くかは多数決なのですが
だからと言って勝てるかどうかは別!というわけなのです。

で、少数派が勝った時にこそ利益がグンと大きくなるのです。


じゃあどうすれば少数派に入れるのか??


例えばこんな状況を考えてみましょう。

ドルの値段がどんどん上がってきて、
メディアでも『このまま上がっていくぞ』って言われてる。
皆のブログとか見ても『買いだ!』って言ってる。
こんな時は間違いなく、

多数派:買い  少数派:売り

ですよね?
あ、だからってすぐに売っちゃダメですよ!!
この時点では、高確率で上がります。


でももしこの状態で下がりはじめたらどうすか?


皆既に買いポジションを持ってるのに、
どんどん下がってきたら
『えぇ、話が違うΣ(ーДー)』
ってなって売り始めると思うんですよ。

投資ではどちらに動くかは多数決で決まるので、

売りが多くなればさらに下落速度は上がっていくはずです。
するとどんどんロスカットする人が増えて、暴落です!

そんなとき…もし買いポジションを持ってない人が売りで入ったらどうなるでしょう。


皆でロスカットして失ったお金が全て自分に入ってくるわけです。


これが少数派が勝つという事なんです。


具体的な例を見てみましょう!

下の20秒で書いたらくがきを見て下さい!

無題.jpg

今価格がこんな感じで変動してるとします。横軸は時間です。

さて、この後買いを入れるべきか、売りを入れるべきかどっちでしょう?



って言われたら、普通に考えて『買い』ですよね?
というかこの時点で『売り』を入れるなんて愚かな事はしちゃいけません。


当然皆買いを入れるはずです。

例えばトレンドライン(高値と安値を線で繋いだもの)を引いてみると

こんな感じ
1.jpg

だし、初心者が好きなボリンジャーバンドだと

こんな感じ

2.jpg

で、テクニカルとか見てもやっぱり買いシグナルが出てるんですね。


後に紹介する私が使ってるテクニカル手法でもばっちり買いが出るでしょう。



さて、こんな状態でもし


こうなったらどうでしょう?


3.jpg

買いポジションを持ってる人は

げ・・・やべぇ!

ってなりませんか?


つまり、皆が上がると思ってたのに予想外の事が起きたわけです

少し下がったからといってすぐに売ってはいけません。
買いを入れる人が非常に多い場面なので
まだまだ上がる可能性はあります。
(その辺の判断は難しいところです。)

しかし、明確に下がりはじめた辺りで売りを入れるとどうでしょう?!

買いで勝負してた人はヤバイと思って次々にロスカットします。
で、ロスカットした分は売りで勝負してる人にどんどん入ってくるわけですね!
また、先ほど買ってた人もこのあたりにストップを入れるはずです。



買いが多数派だったので、少数派は大儲けというわけです^^;



やってはいけないのはこの状況でまだ『買い』で勝負する事です。
例えばポリジャーバンドばかり見ている人は
売られすぎなので買いシグナルがずーっと出るはずです。
でも実際はどんどん下がっていく(場合が多い)のです。
いつまでも逆張りにこだわってはいけません。



他にも、去年ドルが84円台まで下がった事がありました。
あの時も、何年かぶりに安値を更新した事で
皆どんどんロスカットしていき、
売りで勝負してた人は大儲けできたわけです。


FXで最も利益が上げやすいのは
ずーっと上がり続けてる時

 あるいは

ずーっと下がり続けてる時
ですよね。

そんな状況が起きやすいのが
『予想外の事態が起きた時』なのです。




次!
重要なマインドセット!
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。