メンタルの話 - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

投資において一番重要な事とは

今日は最も大事な事を話します。
多分株だろうがFXだろうがどの投資本を見ても
必ずそれが一番大事だと書いてあります。
なのに、投資で負けている人は誰もそれが実践できません。
分かっていても実践できないのが怖いところです。
なので今回具体的な例を挙げて、
改めて意識改革をしてもらおうと思います。

Case1

ここに、AとBの2つの通貨があるとします。


Aの通貨(の値段)は上がったり下がったりを繰り返していて不安定
Bの通貨(の値段)は常に上がっていってこれからも多分そうなると思われる


さて、どちらの通貨を取引しますか??
…って聞くまでもないですよね^^;
勿論Bです!!
ここでAを選ぶ意味が分かりませんよね。


ここでAを選んだって言われると話が進みませんから
Bを選んてから次に進んで下さい!(無理矢理。笑)


Case2
じゃあ次です。先ほどと同様
Aの通貨は上がったり下がったりを繰り返していて不安定
Bの通貨は常に上がっていってこれからも多分そうなると思われる。
しかし今度は同じ通貨でも
『Aの通貨は既に保有していて、かつ現在1万円負けている』

としたらどうでしょう??
Aは今は下がってるけどそろそろ反発するかもしれません。
Bは今でも順調に上がり続けています。


選択肢は次の3つとします。

1.Aを持ち続けて反動で利益を狙う
2.Aをしばらく持って損失が0になった時点で決済してBを買う
3.速やかにAを売ってBを買う




ここで3以外を選んだ方!!
あなた、矛盾してませんか??
先ほどCase1ではAとBではBを選ぶって言いましたよね?!
(「いや言ってないぞ」って言われると話が進まないのでそこは「言った」でいいじゃないですかっ!)


Case2は、Case1の状態から所持金が10000円減っただけで
本質的な違いは何も無い

という事がお分かりでしょうか?!
つまり状況は全く同じであるのに、
ポジション(=決済がまだのもの)を持ってなければ
正しい判断ができたのに、
既に損をしているからといってその損が0になるのを
いつまでも待ってしまい一番儲かる方法が見えない


これが初心者がもっともやってはいけない事です。

たとえ損をしていようとも、戻る見込みが小さいものを
「損をして終わるのがイヤだから」といっていつまでも持っていたら
損失はどんどん大きくなっていくだけです。



だから、


まずいと思ったら潔くロスカットしましょう!!


というか、

買う時点で
『いくら損をしたらロスカットしよう』
と決めておくべきなのです。


そして一旦決めたルールは何がなんでも守る

これが投資で一番重要な事です。


更に詳しく見ていきましょう!
プロスペクト理論
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。