説明 - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

FXと株の違い(2)

レバレッジのほかにFXと株の違いはないか考えてみましょう。

続いての質問はこちら

FXと株はどちらが公平?



これは間違いなく、FXの方が公平と言えると思います。


株は会社の業績、資産価値、運営方法など様々な要因に影響されます。



そして、そのほとんどは一般人には分かりません。

その時点で、かなり不利な立場にあると言えます。

勿論、株の場合は今後の動きが決定的に知っている人が取引をするとインサイダー取引になってしまいます。

しかしそこまではいかなくとも、
ある程度の情報が入ってくる人の方が
明らかに有利である事に代わりはありません。

また、FXは世界中の人が参加するのに対して、
株は参加人数が少ない為、個人が簡単に株価を動かす事ができます。

その為、資産の多い人達の思い通りに(ある程度は)動かせてしまうのです。

そう考えると、誰もが等しく情報を得られて、
与えられたチャートと経済指標のみから今後を推測するFXの方が
公平であるといえるのではないでしょうか?
その分、経験がモノを言う世界となります^^;
素人が勝つ為には、相場感を身に付けなければいけません。

FXと株の違い(1)

投資で人気があるのは株かFX!
さて、この2つの違いって何でしょうか?

まず株とFXはどちらが安全か?!


これについて考えてみましょう。
ほとんどの人が株の方が安全と答えると思いますが、
実は本来はFXの方が安全なのです。

何故かというと、FXは外国の通貨を売買するものであり、
基本的に通貨の価値が無くなる事はありません。

一方で株は、会社が倒産すればその瞬間株券は白紙と化します。
ほら、こう考えたらFXの方がよっぽど安全だと思いませんか??


じゃあ何故、FXで破産する人が沢山いるのでしょうか?!



それにはFXと株との一番の違いであるレバレッジが絡んできます。
FXは株とは違い、小さいお金で大きなお金を動かせます。
例えばレバレッジ100倍にすれば、1万円持っていれば100万円分の通貨を運用できます。
本来ならFXの方が安全であるはずなのに
レバレッジをあげるせいで危険なものへと代えてしまっているのです。

そもそもレバレッジを1倍にしておけば、
資産を大きく失う事は決してないのです!!


しかしレバレッジを上げると、リスクが大きい代わりに利益もその分大きくなるので
…上げちゃうんですね(^ω^)

FXはレバレッジによって、安全にも危険にもできるのが特徴です。
何も知らずにレバレッジをマックスにしてやると
いつか大変な事になるのでそれだけはやめましょう!!

審査について

口座開設には審査があります!!

私も何度か落とされた事があるので、
この点には注意が必要です。


ようはお金持って無さそうな人は口座開設を断られる事があります。

これは、
『こいつを開設させてもあんま稼げないよな…』
って思われたからでは無く、

もし大損された時に支払えないって事になって

金融庁『なんでそんな人に口座開かせたんだ!!』


って怒られるから仕方なくなんだと
ポジティブに受け止めてあげましょう!


年収・資産・職業などは特に見られます。
だからと言って、年収めっちゃ高くしろって言ってるわけではないですが、
あまり謙虚に書くのもだめで、まぁこれくらいはあるだろう程度の年収&資産は書いた方がいいです。

あと、職業は無職にすると落とされる可能性が高いそうなので
それならせめて『投資家』としましょう。
投資家というのは、投資をはじめる人は全員投資家なので
多分セーフ!笑


なお、もし審査に落ちた場合…
めげずにもう一回申し込んでみて下さい^^
その時は資産とかを少し多めに書くと、
受かる事もあります。

本人確認書類について

本人確認書類について時々質問される事があるので
ここで説明しておきます。
本人確認書類は、基本的には免許証で良いです!!

しかし中には

自動車免許持ってない(´Α`;)

って人もいる様なので、
そんな人は以下のどれかを使って下さい。

1)運転免許証(郵送・FAX・メール・アップロード可)
2)健康保険証(郵送・FAX・メール・アップロード可)
3)外国人登録証明書(郵送・FAX・メール・アップロード可)
※4)、5)は発行日より6ヶ月以内の原本のみ
4)住民票の写し (郵送のみ可)
5)印鑑登録証明書 (郵送のみ可)

大体の会社がこんな感じです。
基本的に(1)〜(3)を使う場合は
写メで撮ってメールで送ればOKです。

但し!!ひとつ注意がありまして

現在の住所が記載されている物

を使ってください。
例えば1人暮らししていて実家の住所が書いてるものを使うと
後々面倒な事になります。

もしそんな方は以下の3つを試してみると良いでしょう!!

1.保険証に予備の住所を書く欄に現住所を記入
そんなん無い!って方は次。

2.警察署に行って、免許証の裏に現住所を記載してもらう
めんどくせー!って方は次。

3.公共料金の領収書を使う
但し、この場合は免許証や保険証等も必要です。
住所確認にのみこちらを使って下さい。

週明けの窓あけで60pips獲得!

週が明けましたね!
さて先週変更した、
「週末の最後の1時間は自動的にリミットだけを取り去り、
週初めにリミットを復活させる」という新ロジック。
見事に成功しました。
0801.jpg

1日で15000円超え!!


ただ、今週からレバレッジ規制が入るので、
低レバ運用していこうと思います。


システムトレードをしてる方は特に気をつけて下さい。
「これだけレバレッジ下げておけば大丈夫だろう」って思っていても、
複数ポジションを持って強制ロスカット・・・なんて事もあるので、
レバレッジをある程度下げて、更にイクセプションも入れておく事をお勧めします。

1ドル79円台に…

ついこないだまで、80円台になって大騒ぎしていたのに、
いつの間にか1ドル79円に…?!


もしこの時にFXやってたら僕も80円付近でポジション持ってただろうな〜って思います。
そんでもって、同じ事を考える人は大勢いるはずなので、
ロスカット大量に出てナイアガラ・・・ですね。。


もしロスカットされてないなら、ずっと持ってたらそのうち上がりそうですけどね。
だって、どう考えても今の円にそんなに価値があるとは思えないし(´Α`;)


今日は電車がやたら止まったそうですが、、
関係あるのでしょうか…?!


夏休みまでに相場が安定してくれたらいいな(多分無理か。)


業者間のスワップは何故違うのか?!

この前に紹介した、業者間スワップを受け取る方法。


この方法の最大の魅力は、100人が100人、同じ結果を出せるという事です。
やる事はカンタン。

・外為オンライン

・DMMFX


を開きます。
外為オンラインでAUDJPYを1万通貨買い、
同時にDMMFXでAUDJPYを1万通貨売ります。
※AUDUSDでも可

するとスワップ差30円ちょいが毎日入ってくるというわけです。
取引の際は両方の取引画面を開いて注文確認画面にしておき、
外為オンラインが約定されたと同時にCtrl+Altを押してDMMFXの画面に移動、
すぐさまDMMFXを約定、という感じです。
1日30円じゃかなり魅力はないですが、
例えば20万通貨持てば1日600円。
これならまだ魅力はあるかな・・・?
(勿論、為替変動でロスカットされないだけの証拠金が必要です。)


一応、金利差が逆転しない様にこのサイトで常にチェックしておきます。
スワップ金利比較



で、ふと疑問に思ったのです。


業者間スワップで得た利益って、誰が払ってるの?


投資はゼロサムゲームなので、誰かが利益を出したら誰かが損をするはずなのです。
じゃあ、スワップ差の分も、誰かが損をしている筈。



考えられるのは、
1.証券会社
2.金利を払っている国
3.該当会社でFX取引をしている人



さてどれでしょう?!


証券会社はスプレッドの分があるのでどちらの会社も一見すると儲かってるように思えるし、
国は金利を払ってますが、それは一定なので損とはいわないし、
じゃあ他のトレーダーさんなのか?!

などと色々考えてたら頭がごちゃごちゃになってしまいました。




なのでもっと根本的な事から考えないといけない様です。


何故業者によってスワップが違うのか?!


これなら分かりそうです。


そもそも業者がスワップを決める基準は多分以下の3つ。


1.為替レート
例えば、1ドル100円の時と1ドル90円の時では、
スワップは10円分だけ違うはずです。
(スワップが0.9倍になるという事です。)

2.インターバンク市場における短期金利動向の影響
経済指標などにより、金利先高感が高まれば
その通貨の短期金利が一時的に高くなり、
業者がスワップを発表するタイミング次第で
短期金利市場の水準から離れる場合があるのです。

3.集客の為
つまりスワップポイントを本来の水準より高く設定する事によって、
その業者を使おうという人を増やそうという業者の戦略です。
実際、スワップポイントで証券会社を決める人も多いのです。




この3つ目が、答えの鍵を握っていそうです。
つまり、外為オンラインはスプレッドが水準よりも
高く設定されているという事なのです。
この事自体は会社にとっては損失なのですが、
スワップが魅力でその会社を使ってくれる人が沢山いれば、
広告費だと思えばいいや、くらいの考えなのでしょう。
実際、スワップポイントがスプレッド分を超えない限りは利益になるのです。
(但し、あまりにも多くの人がこの戦略を取ると
FX会社は体力がもたなくなり、
スワップを下げていかざるを得ませんが。)


というワケで、結局『誰が損してるの?』の答えは
1.証券会社
と言うわけになります。。


・・・が。。


よくよく考えると、外為オンラインで売りを入れている人は
マイナススワップを多く支払っている事になります。

という事は、
スワップ差で利益を得る事によって損をしているのは証券会社だけど
その損失は当該会社でその通貨で売りを入れている人が払っているため、
3.該当会社でFX取引をしている人
も間接的に答えになっているのではないかと思います。


但しこれはあくまでマクロな視点であり、
例え自分が買いを入れたからと言って、
売りを入れる人が増えるワケではないので
結局ミクロな視点で見れば
1.証券会社
が損をしている事になりそうです。

高速で鹿の死体見つけた

昨日は久々に高速乗って遠出してたんですが、
帰りに高速道路上に死体が。。。


遠くから見ても分かるくらい、血まみれになって倒れていました。


高速道路上に警察がいっぱい来てました。



もしかして事情聴取されんのかな、とか思いつつ近づいてみたら



鹿の死体でした。



すっごいでっかい鹿が血まみれで倒れてました;;



コワイヨー(T_T;))


車にはねられたのでしょうか。。
ってかあんな大きな鹿はねた車もただじゃ済んでないだろうな…。


っていうか絶対車血まみれだと思うんですよ。



ガソリンスタンドで
運転手『すいませーん、車体拭いてもらえますか?』



店員『・・・え』



みたいな感じになってそうです。



で、気になったのは警察が持っていた看板。
『落下物 注意』


動物は物扱いなのかーとちょっと切なくなりました。。


まぁでも


『死体 注意』


とかよりは精神衛生上いいのか?!




とにかくあんなでっかい鹿が急に道路飛び出してきたら本気で焦るだろうな。。
白バイとオービスだけじゃなくて、動物にも気をつけようと思いました…!


鹿さん成仏してね(-人-)

スワップゼロ業者は安全なのか?!

スワップゼロの業者を使ったスワップ差を貰っていく方法ってどうなの?という話題です。

だーいぶ昔に、
AUD/JPYを運用するにあたり
A社(スワップの大きい業者)で買いで入り、
もしプラスになれば利益確定、
もしマイナスになればB社(スワップの小さい業者)で売りを入れ、
実質両建てをしてスワップ差を貰っていき、
スワップ差=為替差益になった時点でゼロ決済をする

という方法をご紹介しました。


じゃあ、B社にスワップゼロの業者を使うとどうなるの?と言う話。


スワップゼロの業者はいくつか存在します。
もしこれを利用すれば、
スワップのみを確実に抽出できて、
ほぼ必勝法となってしまいます。


というか、そもそも何でスワップゼロの業者というものが存在するのか?!


恐らくですが…
スワップゼロという事は多分市場を通しておらず、
チャートを表示させて顧客と勝負しているのだと思われます。


その時点で色々怪しいですが、
更にスワップゼロ口座は海外にしか存在しないので
信託保全などもありません。


その為どうゆう事が起きうるのかと言うと…



これは知人(今、京大のM2の方)の話なのですが、
当時彼は某スワップゼロ業者でニュージー売りを、
日本の口座で同じ枚数買いを入れて
スワップだけどんどん入っていくという状態にしていました。
まさに必勝です!
実は彼だけじゃなく結構その方法は当時流行っていたのでした。
しかし美味しい話というのは必ず裏があるものでして…


ある日、突然のリーマンショック!


…とは言うものの、同じ枚数を持っているのだからそんなの関係なく、
・海外の口座は大儲け
・日本の口座では大損
という状態になっているはずだったのですが…


その海外の会社は顧客と勝負をしていたので、
当然会社は大損、とても払いきれないくらいの負債をかかえてしまい、
彼の口座は勝ってるにも関わらず何故か途中で強制決済
つまり海外の口座では利益が少し出ただけで決済されてしまい、
日本の大損した口座のみが残ってしまうという悲惨な状態になってしまったそうです。



それだけならまだしも、更に海外の口座は何故か強制解約



で、おまけに出金に応じないという暴挙。
(因みに数百万円入れていたそうなので、とても払えなかったそうです。)


結局英語の得意な友人が文句を言って最終的には返ってきたらしいですが、
下手したらそのまま返って来ない可能性もあったそうです。


そして返ってきたとしても、海外口座だけ途中決済されてしまったせいで大損…。


…という彼の経験を聞いて、
あーやめとこう
って思いました(笑)


そんなスワップちょこちょこ貰っても
大損したら終わりですしね。
勿論、全部が全部そういった会社というわけでは無いと思いますが、
世の中にノーリスクというものは存在しないという事です。
いかんせん海外の会社の情報は少ないので
本当に大丈夫という保障は全くありません。
やる場合は自己責任でお願いします^^;



話は変わって…

じゃあ日本の信託保全業者は安全なのか?!

ってなるのですがここで出てくるのが昔あった外為どっとコム事件。

ライブドアニュースでこんなのを見つけました。
http://news.livedoor.com/article/detail/5018471/?ignore_lite
 外国為替証拠金取引(FX)で口座数と預かり資産で業界1位、外為どっとコムが、関東財務局から1カ月間の業務停止命令を出された。同社に非はあるものの、業界トップへ厳しい処分を課すことで「見せしめ」という見方も。いずれにせよ新規取引ができないため、顧客を取り逃がす可能性は大きい。

 外為どっとコムはこれまでにも、為替レートを実勢価格とはあまりにかけ離れた表示を何度かやるなどしていた。さらに、このたびは関係のない人の口座にまでロスカットをしてしまっており、比があるのは明らかだ。

 今夏施行されたレバレッジ規制で上限は50倍に。以前のように400倍などと超ハイレバのトレードは難しい上に、さらに来夏には25倍に。ここ数年は毎年のようにFX業界に規制が入り、特に来年のレバレッジ規制はトドメを差す制度で「生き残りをかけないといけなくなる」(業界関係者)とも言われている。

 そこで、業界最大手の外為どっとコムが行政処分となったが、これはよくある「見せしめ」ではないかという見方も出ている。違反をすれば、処分されるという当たり前のことが徹底されるだけで、これ以上ない無言の圧力になる。

 しかし同社にとって痛いのは、10月からの1カ月間は新規の取引ができない点。専業投資家らをはじめ、離れていくことはほぼ間違いないだろう。

 こうしたことから、早くもその先を見据えて「口座開設キャンペーンで補おうとするだろう」と、期待しているしたたかな投資家もいる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とりあえず思ったのが、この記者日本語酷すぎる(笑)
>このたびは関係のない人の口座にまでロスカットをしてしまっており、比があるのは明らかだ。
とか意味不明ですね。


…ってのは置いといて…

この記事では見せしめだって書いてありましたが、
私としては『業務停止は当然では?』と思うわけです。
だってこのたびは関係無い人の多くの口座を勝手にロスカットしたんですよ?
更にここでは書かれていないのですが、
ショートで入っている口座を勝手にロスカットした挙句に、
その後政府介入でレートが85円まで上がったあたりで、
ポジションを復活させられた(その時点で大損になっている状態)という人もいる様です。
やってる事はさっき書いた海外の業者と変わらない悪質な事です。



…とは言うものの、
当然とは言え最大手業者がこのタイミングで業務停止は
あまりにも大打撃でしょう。
一旦離れた顧客はなかなか返ってきません。
どうやって引き戻すのか注目したい所ですが、
恐らくニュースに書いている様に、
美味しいキャンペーンをやるのだと思います。
特に今回は既開設者をターゲットとするべきなので、
クリック証券がやった様に、
開設している人全員ができる様なキャンペーンがあるんじゃないかなと思います。
是非しっかりと反省して信頼回復につとめて欲しいですね。
これから健全な業者を目差して頑張って欲しい。応援しています!


投資は多数決?小数決?

私はライアーゲームっていうドラマが好きでした。
映画もオールナイトのやつ見に行ったぐらいです。
特に秋山さんの『お前の・・・負けだ(´ ・∀・`)』
っていう時のどや顔が好きです(何


まぁそれはいいとして…



そのドラマの中で小数決ゲームというものがあったんですよ!!
ようは多数決とは逆で、少数派が勝つゲームなんですね。


さてここで質問です。

FXは多数決でしょうか?小数決でしょうか?



これについて勘違いしている人が多いようです。


たとえば、大暴落している時なんかはほとんどの人が売っています。

あれ、じゃあ皆が沢山売って、
実際その方向に動いてるんだから
FXは多数決じゃないの??

つまりなるべく多数派と同じ事をすればいいんじゃないの?


って一瞬思ってしまうかもしれませんが、よく考えて下さい!!
大暴落している時に売っている人は、
ほとんど皆損してるんですよ?
ロスカットをしてる人が大半だからです。

儲かっているのは、はじめから買ってなくて、
暴落に乗っかって売っている人です。

というか、もしFXが多数決だったら
実際に勝っている人は10%であるという事実に矛盾してませんか?


多数決なのはあくまで値段がどちらに動くかであって、
勝つかどうかは別!(寧ろ小数決の場合が多いのです!)


FXはゼロサムゲーム、つまり

勝った人が稼ぐお金 イコール 負けた人の負債

であるから、
多数派が勝つ場合は少数派が大損し、
少数派が勝つ場合は少数派が大儲けする
というわけです。

しかし後者の場合が圧倒的に多いのが現実です。


質問の答えは
初心者の中では小数決、プロの中で多数決であるべきなのです。




まぁ当たり前っちゃ当たり前(笑)



次!
最も理想的なエントリーポイント
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。