ユーロスイス - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

ユーロスイスで2日で+11万円利益確定

20110922.jpg


今日も爆上げユーロスイス♪
昨日と今日だけで+11万でした。
もうこれやってるだけで食ってけるんじゃないかってくらい順調です。


「これだけ上がっちゃったらもうはいっても遅い」
って思われるかもしれませんが、
1.2上限設定がある限り、
例え買って下がったとしてもナンピンすりゃいい話だと思うんですよね。
低ロットでスタートして、1.2より少し下がったくらいまで証拠金が耐えれる様、
調節しながらナンピンしき、ほぼ1.2になった時点で全力買いすれば良いのです(笑)



それでも怖いなら1.2付近まで下がるのを待つしかないですね。


このユーロスイス投資のコツは、
『上がっても下がっても喜ぶ状態を作る』
という事です。


どうゆう事かと言うと、
底(1.2付近)でポジションを沢山持っておいて、
ある程度上がったらあちこちで決済をします。
(この時注意したいのが、上がってる途中で決済するのではなく、
そろそろ下がりそうな時、つまり「売り」を入れたくなる時で決済する事です)




すると、どうなるかと言うと、
はじめのポジションを持った状態で売りを入れている状態
と同じ状態が作れるわけです。


すると、
もし下がってもある程度下がったところで再び買いを入れたら、
先ほど売ったポジションが決済された事と等しいので勝った事になる。


一方で上がったら上がったで今持っているポジションの利益が増えるので美味しい。


つまり上がっても下がっても「勝った」と考える事が出来、
精神的安定が得られるのでまるで機械の様に感情をいれず取引をする事ができます。


通常FXでは、自分の予想した方向と反対方向にいくと、
精神がバグり、わけの分からない行動に出る事が多いですが、
常に感情をニュートラル(つまり上がっても下がってもOK)な状態にしておけば、
絶対に冷静さは欠かないし、まず負けません。


下がっていった場合、マイナスを気にせず容赦なくナンピン(必ずはじめに決済した地点よりも下で)する事で、
上限1.2が保たれる限り負けません。
(多少食い込む事も想定して証拠金は多めに置いておきます。)


上限1.2が崩れる可能性は今の所非常に低いと思われます。
(というか、今のスイス政府の現状を考えれば当分は大丈夫でしょう)
週末の窓空けだけ注意して少しロスカットラインを下げておけば多分大丈夫です。


そんなわけで、
今後もひたすらスキャル、負けてたら放置、を繰り返してます。
スワップもあるのでそれも有り難いですね。

ユーロスイス投資は今からでも間に合う!

20110915.jpg
現在のポジション♪

ユーロスイスがかなり安牌になってきています。
今んとこ負け無し(というか負けてる時に決済してないだけ。笑)です。
一気に上がっていっちゃうかなーって思っていたんですが、
案外そうでも無く、何度も1.2付近まで下がっていってます。


なので、1.2の近くに来た時に買って、長期保有、
あるいは資金が多い人はナンピンをしていけば、
不足の事態が起きない限りまず負けないでしょう。


唯一の懸念は週末の窓明けです。
政府介入が間に合わず、
多少1.2を割る可能性も考慮して、
念の為、ストップロスは少し低めに設定しておきます。


この調子で、長期保有とトラリピを組み合わせていこうと思います。
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。