政府介入 - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

サクソバンクFXでユーロスイス必勝(?)法

前回の記事で書いたユーロスイスですが、
早速爆益です(笑)
既に数万円利益確定していますが、
残ったやつはずっと置いとこうと思います。

↓残ったやつ
eurchf.jpg


多分これ、(ほぼ)必勝だと思います。


理由は前回も書きましたが、
スイス政府が、『レートが1.2を切った時点で何度も無限介入を行う』と宣言しているからです。


政府がそう宣言している以上、
急に手の平を返さない限り(まず無いと思いますが・・・)、
永久にレートは1.2を切らないという事です。


つまり、今(1.2を少し超えているあたり)の時点で買って長期保有しておけば、
ほぼ必勝であると考えています。


ネット上ではいくつか疑問が囁かれてますが、
特に問題無いと考えています。
理由は以下の通り。

その1.政府の金が尽きないのか?
日本が無意味な介入を行うのと違い、
今回の介入は単に「お金を増刷する」だけ。
これって寧ろ政府にとっては好都合なのです。
だから、無限に介入するって言ってるんだから本当にするでしょう。


その2.対抗する力の存在
政府に対抗して大量の売り注文を入れる機関の存在は有り得ます。
恐らく1.2付近にストップロスを置いている人も多いでしょうし、
多少1.2を割った時にナイアガラが起こる可能性はあります。


なので、念の為、私は1.1949にストップロスを置いておきました。
週末の窓明けが唯一の不安要素です。
なので資金に余裕があるなら、ストップロスは置かなくていいんじゃないかと思います。


ただ、今の状態であえて売りを入れるより、乗っかった方がどう考えても得だし、
ユーロにとっても好都合な展開のはずなので、
このまま上がっていくんじゃないかなーと思います。


その3.1.2付近から動かない場合
かつてのUSDHKDの様に、ほとんど1.2付近で動かなくなってしまうケースも考えられますが、
ユーロスイスはスワップポイントが割と美味しいので、
長期保有していれば自然とプラスになると考えられます。
数年前のユーロデンマークの様な美味しさですね。




以上の理由から、今後の作戦を考えました。
今後の作戦
レートが下がったらユーロスイスを買う
⇒上がったら利益確定
⇒更に下がった場合は上がるまでずっと保有。
スワップポイントもあるし、上限もあるので安心!
資金に余裕があればナンピンしたらいいでしょう。


これを繰り返せば、スイス政府が急に手の平を返さない限りほぼ必勝でしょう。
途中で強制ロスカットを食らわない様、
資金をある程度多めに入れるか、
あるいは計算が出来ない人は少額で取引すると良いでしょう。



私は未曾有のチャンスだと思っています。
資金に余裕があるならやってみてはどうでしょうか。

ユーロスイス 1.2固定へ!

スイスフランに上限設定、通貨急騰なら為替介入の方針


スイス国立銀が「急激な通貨の上昇は、国内経済に脅威であり、
(物価が下がり続ける)デフレの懸念をもたらしている。
もはや1.20以上のフラン高はがまんできない。
外国通貨を無制限に買う用意がある」


つまり、
1.20は絶対切らせない!って政府が言って、
昨日の政府介入だけで1000pipsあがった様です。


ネットを見てると、この1000pips上昇で死んだって人が大量にいるみたいです。
恐らく逆張り、ナンピン系のシステムトレードを使ってる人は、
今回の政府介入で全滅してそうですね。。。


今回、1.20と上限を設定されたので、
ユーロスイスをポジってみました。


僕の今後の展開予想なんですが、
昨日の夜はワールドカップを見てて為替なんて気にしてない人が多いので、
今朝の1000pips動いてるという状況に唖然、
さらに上限設定のニュースも知ってすぐ様ロスカットする人が多数いる筈。
なので今ポジションを持っておけば高確率で勝てるだろうという考えです。


また、1.20を上限としていますが、
多少食い込む事はあるでしょう。
ギリギリでストップを入れている人は沢山いるので、
多少のナイアガラに耐える為に、1.949をストップにしました。
これは1.950とキリのいい数字で買いを入れてる人が多いと予想した為です。


昨日はスキャルで何回か利益確定させました。
上限が設定されていると安心してナンピンできます(笑)


今後はユーロスイスがアツいと思います。

介入の時間帯の考察

こんばんは。


今回も政府介入についての考察です。
前回よりも更にミクロな視点で、
『介入の時間帯』について書こうと思います。
因みに先週の政府介入は3回に分けて行われました。
(これはかなり特殊なケースらしいです。)
今回の介入は過去最大規模(2兆円)なので、
なんとしても乗っかりたい所です!
(因みに過去最高は1兆6664億円。)
で、、肝心のタイミングなのですが…


ポイントは、日銀胞を撃つのは日銀だという事です!(テスト出るよ!


え、当たり前だろって…?
いやいや、重要なんです。
何が言いたいかというと・・・


ようは、政府介入は日銀が営業している時に行われる

という事です。


つまり、今日みたいな祝日(日銀も休み)や、
夜中(日銀の人ら帰ってる)には発射されないという事です。
また、お昼時(日銀の人らご飯中)なども発射されないでしょう。


一番濃厚な時間帯は次の2つ。
・10:30
・15:30

特に10:30付近が一番可能性高いです。


前回も10:30だったのですが、これにはワケがあって、
まず日銀は公務員なので朝9時に出社します。
また、出社後10時まではミーティングが行われるのです。
つまり、10時までは恐らく介入は行われないでしょう。
その後介入の準備にだいたい30分程度かかるので
10:30前後くらいが妥当かなと。


この時間帯はしっかりとチャートをチェックして、
経済指標以外で30〜40pips一気に動いたら
すぐさま乗っかろうかなと思います!
前回寝坊(笑)しただけに、
今回は10万〜20万円は利確したいですね☆



また、逆に考えるともし売りで勝負する人は
夕方以降に行い、翌日早朝までには決済しておいた方が無難だと思います。
次の日介入だと怖いので(笑
但し、22日の夜は(次の日が日銀休みなので)大丈夫かなと^^;
ショートを持ってるときに介入ってのは避けたいので
長期で持つならロングがお勧めです。


ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。