サクソバンクFXでユーロスイス必勝(?)法 - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

サクソバンクFXでユーロスイス必勝(?)法

前回の記事で書いたユーロスイスですが、
早速爆益です(笑)
既に数万円利益確定していますが、
残ったやつはずっと置いとこうと思います。

↓残ったやつ
eurchf.jpg


多分これ、(ほぼ)必勝だと思います。


理由は前回も書きましたが、
スイス政府が、『レートが1.2を切った時点で何度も無限介入を行う』と宣言しているからです。


政府がそう宣言している以上、
急に手の平を返さない限り(まず無いと思いますが・・・)、
永久にレートは1.2を切らないという事です。


つまり、今(1.2を少し超えているあたり)の時点で買って長期保有しておけば、
ほぼ必勝であると考えています。


ネット上ではいくつか疑問が囁かれてますが、
特に問題無いと考えています。
理由は以下の通り。

その1.政府の金が尽きないのか?
日本が無意味な介入を行うのと違い、
今回の介入は単に「お金を増刷する」だけ。
これって寧ろ政府にとっては好都合なのです。
だから、無限に介入するって言ってるんだから本当にするでしょう。


その2.対抗する力の存在
政府に対抗して大量の売り注文を入れる機関の存在は有り得ます。
恐らく1.2付近にストップロスを置いている人も多いでしょうし、
多少1.2を割った時にナイアガラが起こる可能性はあります。


なので、念の為、私は1.1949にストップロスを置いておきました。
週末の窓明けが唯一の不安要素です。
なので資金に余裕があるなら、ストップロスは置かなくていいんじゃないかと思います。


ただ、今の状態であえて売りを入れるより、乗っかった方がどう考えても得だし、
ユーロにとっても好都合な展開のはずなので、
このまま上がっていくんじゃないかなーと思います。


その3.1.2付近から動かない場合
かつてのUSDHKDの様に、ほとんど1.2付近で動かなくなってしまうケースも考えられますが、
ユーロスイスはスワップポイントが割と美味しいので、
長期保有していれば自然とプラスになると考えられます。
数年前のユーロデンマークの様な美味しさですね。




以上の理由から、今後の作戦を考えました。
今後の作戦
レートが下がったらユーロスイスを買う
⇒上がったら利益確定
⇒更に下がった場合は上がるまでずっと保有。
スワップポイントもあるし、上限もあるので安心!
資金に余裕があればナンピンしたらいいでしょう。


これを繰り返せば、スイス政府が急に手の平を返さない限りほぼ必勝でしょう。
途中で強制ロスカットを食らわない様、
資金をある程度多めに入れるか、
あるいは計算が出来ない人は少額で取引すると良いでしょう。



私は未曾有のチャンスだと思っています。
資金に余裕があるならやってみてはどうでしょうか。
ここは記事下のフリースペースです
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。