何故あなたはFXで勝てないのか? - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

何故あなたはFXで勝てないのか?

今日は非常に重要なマインドセットの話をします。
全然勝てない!!って友人の為だけに書いてみました。笑
これを読めば、今まで勝てないって思ってた人でも
もしかしたら勝てる様になるかもしれません。
しっかり理解して下さいね。

=目次=
第一章 何故勝てないのか
第二章 何故ロスカットができないのか
第三章 何故モチベーションが維持できないのか
===============

第一章 何故勝てないのか

一般に、デイトレやスキャルをすると
ほとんどの人は負けると言われています。
それは何故か反対に動くからです。
そして大抵の人はそれで心が折れるのです。


自分は投資に向いていないんだ…


と思うわけです。


いいですか。
良く聞いて下さい。


向いてないのではありません。

もともと反対に動く様にできているのです。


思ったのといつも反対に動くのであれば、
その感覚は正常です。



世の中には投資で生活している人がいます。働いてもいません。
正直、存在理由が分からない人達と言っても
過言じゃないかもしれません。
そんな人達は投資をやっている人達の中でもごく一握りです。
一方で投資をやっている人のうち9割ははじめたばかりで、
仕組みすらまだよく分かってない様な人達です。


まとめると、投資の世界では


9割の初心者+1割のプロ


という図式ができあがります。
すごく大雑把ですがこれで説明します。


さて、では1割のプロはどうやって勝つのか?





プロたちがする事はただ1つ。

残りの9割の初心者からの搾取


プロはわざわざプロ同士で戦ったりはしません。
そんなコトはせずプロ全員で団結し、
初心者をカモにした方が圧倒的に勝ち易いからなのです。
別に相談し合ってるという意味ではなく、
暗黙の了解で同盟を組んでいるのです。
何故ならそうしないと勝てない環境が
プロ達によって作られてしまっているからです。



つまり、あなたが勝つ為に今すぐにしなければならない事は

残り1割(プロ)に入る事

というとごく当たり前の結論に辿りついたかの様に思えますが、
ではどうすれば残りの1割に入れるのか。
これが非常に重要です。

今日の重要なマインドセットその1!!


初心者からお金を奪っている!!という事を理解する



『奪う』という言葉に気分を悪くされた方は
投資というものを分かっていないかもしれません。

投資というのはお金の奪い合い以外の何物でもありません。

それが本質です。

ただ『合法的である』という言葉を付け加えた略奪行為に他なりません。

投資はゼロサムゲームであり、
あなたが投資で儲ければ、その金額だけ誰かが損をしています。
やっている事はライアーゲームと何ら変わりません。

ただし、誰から奪ったのか分からない故、
罪悪感を感じないかもしれません。
(実際には「誰から」という概念は間違っているのですが
ここでは分かり易くそう表現しています。)
投資をする人は全員、お金を奪う覚悟&奪われる覚悟が必要となります。



話を戻します。


初心者はプロには勝てません!!

勝てるわけが無いし、
勝とうと思ってはいけません。


そうではなく、
自分がプロ達と同じ事をして、
少数派に入るのが最も効率的なのです。


そしてプロ達と同じ事をする事は難しく感じますが、
多数派(初心者)から奪う事だけを考える事は前者より難しくはありません。


何故なら初心者の代表例がちゃんといるからです。



そう、自分です。



自分から搾取する事を考えたら良いわけです。


『基本的に自分が思った事と逆に動く』と思って下さい。
だからと言って売り買いの注文を逆に入れれば良い、とか
そんな単純な話ではありません。


私が取引をするときにやっている事。

まず自分の中にもう1人の自分を作ります。
二重人格みたいなものです。
1人は初心者の自分、もう1人はその初心者を観察している自分です。
メインは観察者の方に置いて下さい。


ある時、その初心者は買いを入れたくなりました。
『今買ったら絶対勝てそう』って彼は思っています。


ちょっと待った!!


初心者のあなたが買いを入れたいと思っているという事は
世界の9割の人が同じ事をしようとしています。

そう思って大丈夫です。

つまり、それは負けフラグです。

待ちましょう。


もし注文を入れず、その後急に上がりだしたとしましょう。


初心者のあなたは当然
『さっき買っておけばよかった!!今からでも買おう!!』と思うはずです。笑


ちょっと待った!!


あなたが買おうと思うのならば、
先程あなたと同じく買いそびれた世界の9割の人達が
同じ様に買いを入れようとしています。
これは負けフラグです。



さてここで今まで自分を客観的に見つめていたもう1人の自分が
冷静に分析をはじめます。
今の状況はどんな状況なのか、
はじめに買いを入れた人達(集団A)、
少し上がってから買いを入れた人達(集団B)
が大量にいるはずです。

どこで注文を入れたかは初心者の自分がどこで注文を入れたくなったかで判断できます。


自分の中には2人います。
初心者の自分…買っていないけど、あくまで買ったと思い込ませます。
プロの自分…まだ注文を入れていません。
※初心者は自由に考えさせますが初心者の注文は絶対入れません。


さて、もしここで下がり始めたらどうなるでしょうか。


大衆の心理は初心者の自分の心理なり。
買っていたとして自問自答します。


もし初心者の自分が『ヤバイ!!』って思って決済したくなったのなら
ほとんどの人がそう思ってます。
まず集団Bの人達はすぐさまロスカットするでしょうし、
集団Aの人達も『十分利益が出たし、下がりはじめたから利益確定しよう』
と考えて売り注文が大量に入るはずです。


このタイミングで、プロの自分が売り注文を入れます。


あれ、初心者達と同じ売り注文??


って思うかもしれませんが、やっている事は真逆です。
つまり、初心者は決済注文なのに対してプロは新規注文。


決済して(今回の場合は集団Bが)マイナスになった分が自分に入ってきます。




一方で初心者の自分が「いや、まだ大丈夫…」って思ったのなら
きっと大勢の人達もそう思う事でしょう。
なので様子見をします。



こうやって冷静に分析すれば、
どう動くかを予想する事は難しくありません。
直感に頼ったら絶対にはずれます。
直感を使って、その一段階上の思考分析が必要なのです。




この方法は自分と大衆のシンクロ率によって勝率が決まります。
うまくハマればかなり勝てる様になります。

但しある程度の訓練は必要です。
常に自らを客観視する練習をして下さい。


たとえば、

『これだけ下がったんだからもう上がるだろう!!』

そう感じたのなら大抵の人が同じ様に感じています。
プロの自分が『値ごろ感でトレードするな!』と制止してあげて下さい。




暴落中に少しだけ上がって、
『よし、ここで反転だ!!買い!!』
って初心者の自分が直感で思いました。


いいですか。
暴落中に少し上がった場合、
ほとんどのケースでその後再び下がります。
これは経験上いつも感じている事です。
そしてその場合買いを入れていた人(初心者の事です)がロスカットして
一気に急落します。
プロの自分はそこで売りを入れれば
初心者からお金を巻き上げる事ができるわけです。



まとめると、
あくまで大衆(ここでは初心者を表す)の心理を客観視する事が重要です。
大衆の心理=自分の『直感』
です。




…が!!


多分これが正しくできても
しょせん勝率を5割をやっと超える程度
に過ぎないでしょう。


ただ普通にやったらほとんど負けるものを
半分くらい勝てる様になるのは
これほどありがたい事はありませんが…。


しかし…


悲しい事に初心者というのはたとえ勝率が9割でも
1回の大損でマイナスになってしまいます。

私も最初はそうでしたから。
(最初だけで、後はずっと勝ってるんですが。)


損小利大を徹底すればいい!ただそれだけだ!

なーんて説明でまとめられても
それができないから負けてるんだよ!!って感じですよね。笑


何故ロスカットができないのか?!
それを次に説明します。


第二章 何故ロスカットができないのか。


恐らく投資で破産する人の2大原因は、
ロスカットができない事とナンピンをしてしまう事です。


まず、
プラスになるまで決済しない
という目標を立てている人は
今すぐその考えを捨てて下さい。
人間は毎回必ずプラスで終わりたいと思ってしまいます。
そうゆう生き物なのです。
これは言い換えると、
人間は損切りができない生き物なのです。
つまり、
人間は投資をする上で致命的な弱点を生まれつき持ってしまっているのです。

これについてよく分からない人は
プロスペクト理論についての記事を読んで下さい。
(目次から飛べる様にしてあります。)


で…


ほとんどの人は投資をする前に1冊くらいは本を読むハズなので
ロスカットが重要である事くらい知っているはずなんです。
だってどの本にも
『ロスカットをきちんとする事が大事!』
って書いてますから。


そんなコト、1冊本を読めば誰だって分かってるんですよ。
分かっててもロスカットができないから困ってるんじゃないか!!


そう感じた事は無いでしょうか。


『どうすればロスカットをできる様になるのか。』こっちの方が重要なんです。



実はロスカットをし続けるというのは苦痛な事なんです。


もしロスカットをしてその直後に反発したとすると、
きっとあなたは
『あぁ、ロスカットせずに持っておけば良かった…』
って思ってしまいます。


この『後悔』という感情が一番モチベーションを下げるのです。
もしこう思ってしまった場合、
次からロスカットしようとする時に
『そういえば前こうゆうタイミングでロスカットしてその後反発したっけ…』
という記憶がよぎってしまうと
ロスカットができずにそのままでいてしまうかもしれません。


もし、それを人生最後のトレードにするのならそれでも構いません。


何故なら大抵の場合、放っておけばいつかは戻ります。
上がったり下がったりしてるわけですから。
10回放っとけば9回はそのうち戻ってきます。


しかし!!


もし残りの1回に運悪く出会ってしまったら
今までの勝ちが全て帳消しになる程の
大ダメージを食らってしまいます。


だから、その1回を回避する為に
毎回必ずロスカットラインを決めておかなければいけないのです。
これは注文を入れた時点で決めるべきものです。
そして、一度決めると何があろうとそのラインを下げてはいけません。
『もうちょっといけるだろう…』
なんて思いはじめるとずるずると下げてしまうからです。
一度下げると癖になります。
徹底して守りましょう。


重要なマインドセットその2!!

ロスカットラインを必ず設定して、一度決めたら必ずそれを守る。




…と、ここまでは割と良く言われている事なのですが、
重要なのはここからです。


ロスカットを徹底していると、
特にはじめのうちは負けばかりが続いたりすると
だんだんモチベーションが維持できなくなってしまいます。
そうなると危険です。
冷静な判断ができなくなると
自分(=初心者)を客観視する事ができなくなります。
自分を冷静に観察できなければ
プロの仲間に入る事はできず、
9割の負け組と同じ様に、
プロに搾取され続けるハメになってしまいます。


そうならない為にも
モチベーションを常に維持するという事は非常に重要な事です。


そもそもモチベーションが下がる、とはどうゆう時なのでしょうか。

それは『後悔』という感情が生まれた時なのです。



あぁ、何であの時……



そう思いはじめると必ずモチベーションは下がります。
酷いケースでは、勝ってるのにも関わらず
『あぁ、もう少しもっていればもっと稼げたのに…』
なんて考えてしまう人すらいます。


マイナス思考は自分の冷静さを失わせてしまいます。


逆に、常にポジティブに考える事ができれば
モチベーションを維持する事ができ、
それによって冷静さを保つ事ができます。


では具体的な方法論について説明していきましょう。


第三章 何故モチベーションが維持できないのか


後悔するなと言われてもしてしまうのが人間です。
ではどうすれば後悔しなくて済むのか。
それには『後悔』という感情がどの様にして生まれるのか、
心理学的なところから考えていかなければいけません。


さて後悔という感情。これは、

目的と、そのための努力と、結果が一致しなかった時

に生まれます。

これを実現する事が初心者のほとんどはできていないのです。
何故なら、目的と結果が完全にちぐはぐだから。

投資での目的って何ですか?


稼ぐ事!


それはあくまで最終的な目的です。
もし1回1回のトレードで
目的を『稼ぐ事!』としているから
上で説明した様に『プラスにならないと決済できない』なんて
愚かな考えがよぎってしまうのです。


10回やって全部勝てる人間なんてそうそういません。
プロでも10回やって5〜6回勝てばいい方です。


必ず何回か負けるんですよ。


その度にモチベーションを下げてるから、
どんどん感情的になってしまうのです。


目的を『勝つ事』にしてはいけません。
寧ろ、『負け分を少なくする』事だけに集中してみて下さい。
つまりこうゆう図式です。


目的(損小!)→努力(ロスカット)→結果


勝つ事なんて一切考えなくていいのです。
もし勝てたらラッキー!くらいでいいじゃないですか。
そのマインドでいれば自然と勝てる様になってくるし
冷静さを欠く事もありません。



重要なマインドセットその3!

勝つ事を目的としない!



以上が投資に必要なマインドセットの全てです。
単純に『ロスカットすればいい』とか『損小利大を目指せばいい』とか
そういったレベルじゃだめだという事をしっかり意識して下さい。
プロの仲間になって下さい。
私はプロじゃありませんが、
必死でプロの仲間になろうとしています。
プロの真似は難しいですが、
初心者と逆の事をするのは意外と簡単です。
自分を反面教師にすればいいのですから。
やってみると結構楽しいですよ。笑
単に逆に入れればよいというわけではなく、
しっかりと大衆の動きを意識して取引してみて下さいね。

ここは記事下のフリースペースです
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。