プロスペクト理論 - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

プロスペクト理論

一番最初の記事で書いた様に、
人間というものは本質的に投資に向いていないのです。


先の記事の内容を作る時に参考とした理論としてプロスペクト理論というものがあります。
さて、次の様な思考実験を行いましょう。

質問1:以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。


さて、どちらを選びましたか??
答えを決めたら以下に進んで下さい!

まず質問1。
貰える金額の期待値はいずれも100万円であるにも関わらず
ほとんどの人がAを選ぶと言われています。

続いて質問2。
興味深い事に、質問1でAを選んだ人のほとんどがBを選ぶそうです。

はい、この結果、矛盾してますよね?
質問2は質問1と同じく貰える期待値は100万円です。
ただ何が違うのかと言うと、

質問1…100万円のお金が貰える
質問2…100万円の負債が免除される

本質的には両者は同じ事を表しているのにも関わらず
言い回しを変えただけで選ぶ方が変わってしまうのです。


この実験から分かる事は、人間は
1.目の前に利益があると、利益が手に入らないリスクを回避する
2.目の前に損失があると、損失そのものを回避しようとする


そして先の記事と見比べてみて下さい!!
設定が変わっているだけで、
書いた事はほとんど同じですよね?!

この傾向こそが、人間が投資に向いていない一番の原因だという事です!!


次!
大負けした時、大勝ちした時
【プロスペクト理論の最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。