取引方法その2 - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

取引方法その2

今回は同時に2つ以上の注文を入れる方法3つを紹介します。
まだ口座を開設してない人にはピンと来ないと思うので、
飛ばして後から読んで下さい!!

●IFD注文(イフダン注文)
一つの注文が約定(成立)した時に
もう一つの注文が自動で入ります。

(例)
90円で指値で買いを入れて
91円でそれを指値で売る

というIFD注文を出せば、
たとえ先に91円になっても、注文は成立しません。
90円で一旦買ってから、はじめて成立するようになります。

●OCO注文(One cancels the other注文)

どちらかが約定されれば、もう一方の注文はキャンセルされます。
(例)
90円で買った通貨を持っていて、
91円になれば指値(利益確定)で売り
89円になったら逆指値(ロスカット)で売り

というOCO注文を出せば、
91 円になった時点で「89円で売る」という注文は消えます。

●IFO注文

IFD+OCOです。
新規注文(1つ)と決済注文(2つ)を同時に入れる注文です。
(例)
90円で通貨を指値または逆指値で買い、

それが約定されれば
89円か91円のどちらかで売る
(どちらかが約定されればもう一方はキャンセル)

という注文です。
【取引方法を理解しようの最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。