FXと株の違い(1) - FXを元京大生が解説!初心者のためのFX入門講座

FXと株の違い(1)

投資で人気があるのは株かFX!
さて、この2つの違いって何でしょうか?

まず株とFXはどちらが安全か?!


これについて考えてみましょう。
ほとんどの人が株の方が安全と答えると思いますが、
実は本来はFXの方が安全なのです。

何故かというと、FXは外国の通貨を売買するものであり、
基本的に通貨の価値が無くなる事はありません。

一方で株は、会社が倒産すればその瞬間株券は白紙と化します。
ほら、こう考えたらFXの方がよっぽど安全だと思いませんか??


じゃあ何故、FXで破産する人が沢山いるのでしょうか?!



それにはFXと株との一番の違いであるレバレッジが絡んできます。
FXは株とは違い、小さいお金で大きなお金を動かせます。
例えばレバレッジ100倍にすれば、1万円持っていれば100万円分の通貨を運用できます。
本来ならFXの方が安全であるはずなのに
レバレッジをあげるせいで危険なものへと代えてしまっているのです。

そもそもレバレッジを1倍にしておけば、
資産を大きく失う事は決してないのです!!


しかしレバレッジを上げると、リスクが大きい代わりに利益もその分大きくなるので
…上げちゃうんですね(^ω^)

FXはレバレッジによって、安全にも危険にもできるのが特徴です。
何も知らずにレバレッジをマックスにしてやると
いつか大変な事になるのでそれだけはやめましょう!!
ここは記事下のフリースペースです
ブログランキングを押してくれると更新の励みになります! にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。